ゆるふわ毎日

楽しい毎日をあなたにお届けします

おみくじで「半吉」が出たけど順番は?レアなの?結ぶのか持って帰るのかどっち?

スポンサーリンク



神社やお寺に初詣に行って、楽しみの一つであるのが「おみくじ」ですよね。この間おみくじ引いたら「半吉」がでました!大吉や小吉は分かりますけど、半吉って何ですか?小吉や末吉と比べると順番ってどうなんですかね?あと神社やお寺におみくじは結ぶべきなのでしょうか?

 おみくじの順番

おみくじの順番は一番良い方から『大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶』となっています。神社やお寺によっては「半吉・半凶」が無い所もあるようです。

半吉とは「吉凶が年間を通じて半々ある運」という意味で、良いことと悪いことが半分づつ起きるということになりますね。

半吉はレア?

多くの神社やお寺では通常「大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・小凶・大凶」を使っているところが多いと言われています。つまり半吉が出て来る神社やお寺が少ないので、半吉のレア度はかなり高いといえますね!

半吉はそれほど運気の良いものではありませんが、レア度が高いことから半吉が出たら喜ぶ人もいるほどです。おみくじを引いて半吉が出たら、ある意味幸運だと言えますね。

おみくじは結ぶべき?

おみくじを引いたあとあなたはどうしていますか?神社やお寺に結んでいますか?

特に決まりはないのですが、神社やお寺の方に聞いてみると、一旦持ち帰り、常に自分の身のまわりに置いておいて、神様からのメッセージを時々読み返すのが良いようです。そうすることにより常に気を引き締めることができるのです。

そしておみくの内容を覚えたり、自分にとって役割が終わったなと思ったら、その神社やお寺に行き、感謝の気持ちをもって結びつけましょう。そうすることにより、その神社やお寺と「縁」で結ばれることとなり、より素晴らしいご利益を得ることができるのです。

ゲーム感覚でおみくじを引くのではなく、神様や仏様からのメッセージを大切にして、「縁」を結ぶのが本来の目的だということを理解しておきましょう!